果たして光回線のWiFi接続はセキュリティは問題無いか

光回線は、セキュリティーに関する不安感が生じる事があります。特にWiFi接続に関する不安感は、しばしば見られます。しかし光回線には、暗号化という機能もあるのです。また有線接続すれば、安全性を高める事はできます。

無線の光回線を誰かに悪用されるリスク

光回線では、WiFi接続は可能なのです。ですから、スマホなどに回線を供給する事もできます。たとえ白ロムでも、光回線に接続できる環境なら、スマホによるネット接続は可能です。しかしWiFi接続は、リスクは考慮する必要があります。というのも第三者が、その回線を悪用してしまう可能性もあるからです。例えば通行人などが、光回線を悪用する可能性はあります。光回線の無線は、一部は建物の外に届きますから、誰か悪意のある人物が使ってしまう事例も稀にあるのです。もちろんそれは、セキュリティー上の問題があります。プライバシーにも関わってきますし、光回線の利用者としては、何とかして防ぎたいものです。

暗号化しておけば第三者が光回線を使用するリスクは低くなる

ところで光回線を導入しますと、初期設定なども行う事になります。まずは接続できる状態にする訳ですが、その時の設定が安全性に関わってくるのです。というのも光回線には、ほぼ確実に暗号化の機能があります。暗号化しておきますと、パスワード入力が求められる事になります。正確なパスワードを入力しないと、光回線に接続できない状態になるのです。ですから例えば、建物の外にいる悪意のある人物が、光回線による接続を試みたとします。その際にパスワードを入力する必要がありますが、悪意のある人物がパスワードを知っていなければ、接続できない状態になるのです。ですからセキュリティーが心配な時には、やはり暗号化を設定しておくべきでしょう。

有線で接続しておけば回線を使用される事もない

その他にも対策はあります。そもそも光回線は、必ずしも無線だけではありません。確かにWiFi接続する時には、無線の状態にはなりますが、その他にも有線ケーブルという選択肢があるでしょう。所定の機械とパソコンを、そのケーブルで接続する事になります。有線ケーブルの良い点は、第三者が悪用するリスクは極めて低い点です。有線で接続する為には、もちろんケーブルにつなぐ必要があります。しかし建物の外にいる誰かが、自分のパソコンに対してケーブル接続する事はできません。ですから有線接続にしておけば、実は光回線のセキュリティを高める事は、十分に可能なのです。

このように光回線は、きちんと設定を行っておけば、セキュリティ性を高める事は十分可能なのです。やはり暗号化は、設定しておくべきでしょう。それと、そもそも無線を使用しない状態なら、誰かに悪用されてしまう事もありません。