WiMAXよりも光回線が良い理由と3つのデメリット

WiMAXという回線は、たまに光ファイバーと比較されています。WiMAXは光よりは料金は格安なのですが、様々なデメリットもある回線なのです。具体的にWiMAXには、3つのデメリットがあるのです。以下において、WiMAXの具体的なデメリットを紹介しています。

WiMAXのように障害物に左右されないメリット

WiMAXは、障害物に関するデメリットがあります。とても小さな機械でWEB接続するのですが、たまにパソコンとの間に障害物が見られるのです。途中に障害物がありますと、回線が不安定になってしまう傾向があります。回線が途切れてしまい、ストレスを感じてしまう事もあるのです。ところが光回線の場合は、基本的にはそのような問題点はありません。確かに無線接続にしますと、障害物で不安定になる事はありますが、それでもWiMAXほどではないのです。基本的には、問題なく使える回線と見て良いでしょう。また光回線なら、有線でも接続できます。有線の場合は障害物に左右される事はありませんので、WEB接続も安定するのです。

WiMAXのような速度制限がないメリット

ところでWiMAXの回線を使用していると、データ容量の上限が気になってしまう事もあります。WiMAXという回線は、ある一定以上のデータ量になってしまうと、回線速度が著しく遅くなるのです。いわゆる制限が発生してしまい、大きなストレスを感じてしまう事もあります。ですからWiMAXの回線を使用するなら、現時点ではどれぐらいのデータ量に達しているかを、常に注視する必要があります。それに対して光回線の場合は、特にデータ容量の上限を気にする必要はありません。厳密に申し上げると、実は光回線にも速度制限はあるのです。しかし一般的な使い方をしていれば、たいてい速度は制限されません。

WiMAXと違って高速な回線を利用できる

ところでWEB環境が快適になるか否かは、やはり速度に左右される一面があります。特に動画などを閲覧する方々にとっては、速度は決して軽視できません。あまり遅いと、動画閲覧時にストレスを感じてしまう事もあるでしょう。それでWiMAXという回線は、状況によっては遅くなってしまう事もあるのです。ですから動画を見る時に、やや大きなストレスを感じてしまう事もあります。それに対して光回線の場合は、総じて回線速度は早いのです。少なくともWiMAXという回線に比べれば、かなり高速な環境でWEBを利用できますから、高く評価されている傾向があります。何らかの理由で回線スピードを求めている方々には、光はおすすめなのです。

このように光回線には、WiMAXとは異なる様々なメリットがあります。総じてWEB接続が安定的に高速であるのは、光回線の大きなメリットなのは間違いありません。ですからWiMAXでなく、光回線を採用している方々も多いです。